レッスンの流れが分かるサンプル動画

更新

牛久でダンスを習うなら初心者でも安心の教室へ

事前にレッスン内容を知っておいた方が安心です。

インストラクターによるデモンストレーションをお見せしますので、体験時や昇級時の備えとしてお役立てください。

初心者クラス

牛久教室の初心者クラス

  1. 各部位を独立して動かす基礎練習
  2. 音感を鍛えるリズム取り
  3. 体を温めるワークアウト
  4. 柔軟性を高める全身ストレッチ
  5. 踊る楽しさを体感できる振付

上記の5プログラムで総合的な強化を図ります。

牛久17:40クラスは初心者向けで、ステップアップの土台となる基礎ベースのレッスンをおこないます。

まずは踊る楽しさを知り、ダンスに慣れるところから始めましょう。


アイソレーション・リズム

レッスンの最初におこなう基礎練習です。

アイソレーションは各部位を独立させて動かす練習で、コントロール能力が向上します。

映像では地味に映るでしょうが、多くのダンススクールが取り入れているポピュラーな練習方法です。

当スクールでは上半身(胸)・首・腰(お尻)の順におこない、お尻は回す練習もしています。

初心者クラスのリズム取りは基本のダウン・アップでシンプルに。肩をトントンと揺らしたり、ダンスで主となるリズム感覚を養います。


ステップワークアウト

小さくジャンプしながらステップを踏み続ける有酸素系プログラムです。

ステップを練習しながらウォーミングアップを完了させます。

気分が高まるアップナンバーの音楽で、汗がじわっとなるまでしっかり動きます。

ワークアウトは考えるより先に動く直感的な練習なので、ダンスとスポーツを融合したようなプログラムです。

しっかり体を温めることで、その後のストレッチ効果も高まります。


柔軟のためのストレッチ

可動域を広げることで、パフォーマンスは向上します。

股関節回りの柔軟性は、少し痛いくらいまで伸ばしておきましょう。

理想はダンスレッスン以外でも、お風呂上りなどストレッチに適した場面で自主的におこなうことです。

元から柔らかい体をお持ちなら週1回程度でも大丈夫ですが、体が硬い場合は自宅でもストレッチ習慣を付けていきましょう。


振り付けレクチャー

牛久17:40クラスで実際に教えた振り付けです。

インストラクターの見本から観れますので、リモートでもイメージを掴んで練習できます。

1ヵ月(4回)のレッスンでこの程度の分量なので、見本の演技を4で割れば1レッスンで習うカウントも分かります。

基礎練習・リズム取り・ワークアウト・柔軟ストレッチは体験前の下準備になるため、習うのがお子さんなら本人にも見せておきましょう。

経験者クラス

牛久教室の経験者クラス

経験者クラスのレッスンサンプル動画4本を公開中です。

牛久18:50クラスもレッスンの流れは同じですが、プログラム全体のレベルが1ランク上がります。

基礎が身に付いていることを前提に進行するため、初心者クラス→経験者クラスの順に歩みを進めていきましょう。


基礎練習~リズム取り

基礎練習も種目が増えて専門的になります。

アイソレーションは3拍子で俊敏さを出したり、実践を意識した練習スタイルに。

オリジナリティが出てくるのはリズム練習からで、独特なテンポで動作を追加したり複雑になります。

経験者クラスではダウン・アップ・前ノリ・後ろノリ・横のリズムの5種類に対応させ、ダンスで用いるリズム感覚を強化します。


ステップワークアウト

豊富なステップテクニックを1つのプログラムで徹底マスター。

2本の脚から繰り広げる多彩なフットワークを楽しみながら習得します。

ワークアウトはエクササイズのようにノンストップで動き続ける練習方法で、考えるより先に体で実践します。

振り付けばかり練習してきているタイプは頭で考えてから動きがちです。

ダンスの世界にはフリースタイルのような直感力で勝負する分野もあります。

考える前に動く練習も基礎強化の1つなので、今の自分に必要な力を養っていきましょう。


柔軟のためのストレッチ

ストレッチの流れは各クラス共通です。

初心者クラスからの昇級で経験者クラスを試す際も、ストレッチの時間はひと時のやすらぎとなるでしょう。

全身を11分くらいかけて伸ばしていきます。動画は2分ちょいでストレッチの序盤を公開しています。

経験者クラスでは、体が柔らかいと有利になる技やスキルが振り付けに含まれるため、ストレッチで可動域を広げておくことが重要です。

例えば四つん這いの姿勢から片脚を上に出すドルフィンというフロア技は、股関節が硬いと見栄えが悪くなります。

また肩の柔軟性もパフォーマンスや怪我防止に関係しますので、ストレッチはバランスよく全身おこないましょう。


振り付けレクチャー

牛久の経験者クラスで実際に教えた振り付けです。

インストラクターの見本から観れますので、リモートで覚えられます。

1ヵ月(4回)のレッスンでこの程度の分量なので、見本の演技を4で割れば1レッスンで習うカウントも分かります。

実際のレッスン風景

受講している生徒の様子を再生リストにまとめておきました。

生徒が受講している様子

実際のレッスン風景は上記の再生リストから視聴できます。


生徒のパフォーマンス動画

踊ってみた動画はメインチャンネルから視聴できます。

牛久ダンススクールTOPへ